求人をする際に注意すべきことを考えましょう

企業にとって人材は重要な財産です。
できるだけ企業のニーズにマッチした人材を探したいものです。
しかし、あまり条件を絞りすぎると法令違反となることがありますので注意しましょう。
求人をするにあたっての広告などで、記載してはいけないと定められているものは、次のような条件の記載です。
法令で性別による労働機会、つまり採用に均等な機会を与えなければならないと規定されています。
男女雇用機会均等法という法律です。
男性のみ、女性のみに限定した募集、男性と女性で異なる条件の募集、男性歓迎などの言葉、職種名に男女を表す言葉、例えばスチュワーデス、看護婦などは違法となります。
また、年齢制限を条件とした募集も違法となります。
雇用対策法に根拠があります。
賃金も注意しましょう。
最低賃金を下回る給与での募集も違法となります。
最低賃金法と各都道府県の定めた最低賃金が根拠法令などです。
性別、年齢、賃金については特に個々の法律に禁止が定められていますから、求人の文章などを作成する場合、最低限、注意すべきです。
これらの禁止事項に抵触しないことを確認して、企業が必要としている人物像をわかりやすく求人の文章に織り込みましょう。

東京にて安心して解体工事をまかせられる業者
解体の際の搬入経路なども細かくチェックしてくれるので安心です。

新潟にはどんなヘアサロンがあるの?
こちらのサロンがおすすめです

熟練トリマーによるストレスのないお手入れ
シャンプーからドライヤーまで、ワンちゃんのお身体を丁寧に洗い上げます

最新投稿